この記事は私が2001年7月に上梓した一般人向けの本『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)からの抜粋です。昔の記事ですので今の考え方と違うところもありますが、あえて訂正せず原文のままでご紹介します。
その便秘こそ大腸ガンの黄信号

その便秘こそ大腸ガンの黄信号
 3章 まずは便秘の予防から
  (2)「ダイエット便秘」が急増中

女性の三人に一人は便秘──増加中の「ダイエット便秘」

便秘は大腸ガンのリスク・ファクターですが、何と言っても便秘といえば女性たちでしょう。大雑把に言って、女性の三人に一人は便秘がちだといいますが、特に、最近は「ダイエット便秘」に悩む若い女性たちが増えています。
日本女性の「スリム願望」は、医師から見ると異常なほど強く、肥満でない女性、というより、すでにかなりスリムな女性たちまで競ってダイエットに励んでいるのが現状です。
ところが、過度のダイエットや間違ったダイエットは、多くの弊害を招きます。
ダイエットで食事の量を減らすと、便の量も減るので便秘になりやすい。お通じが出なくなると腸が汚れやすくなる。そうしてますます便秘になる。
特に便秘ではなかった人が、ダイエットをきっかけに頑固な便秘になり、そのせいでひどい肌荒れが起きたり、頭痛その他の不快な症状に悩まされるようになったという相談が最近目立ちます。
私は、これを「ダイエット便秘」と名づけています。
この年代の人がガン年齢にさしかかると日本人の大腸ガンが増えてこないか心配です。

63