日程:2019/6/1
曜日・時間:土曜 15:30~17:00
回数:1回
受講料(税込):会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など:筆記用具 
新宿教室03-3344-1941 10:30~18:30



後藤 利夫(新宿大腸クリニック院長)


~ 乳酸菌をとるだけの簡単健康法!
たったこれだけで腸をクリーニングして、病気と不調を遠ざける!症状別あなたに合う乳酸菌の選び方大公開! 乳酸菌の持つ「すごい健康パワー」を使って、体と心の悩みを解決する方法を公開します。
 
乳酸菌は「お腹にいい」だけではありません。
[乳酸菌のおもな効果]
○がんこな便秘や下痢、肌あれを撃退
○アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー症状の改善
○血液サラサラ&血管年齢が若返る
○免疫力アップ&風邪やインフルエンザにかかりにくい体に
○内臓脂肪の蓄積を抑え、肥満を防止
○自律神経が整い、気分もスッキリ
○歯周病や虫歯の原因菌を減らし、口臭トラブルも防ぐ

乳酸菌が棲んでいる腸には、私たちの体を守る「免疫システム」が集中しています。
ですから、腸が汚れてしまうと、体や心にさまざまな悪影響が出てきます。
逆に、乳酸菌が腸をきれいに整えてくれれば、あらゆる病気や不調を遠ざけることができるのです!
そうはいっても、乳酸菌商品はたくさんありすぎて、どの商品・どの菌を選べばいいのかわからない…という方も多いと思います。
講座では、改善したい症状別に、効果が期待できる菌を「効果別乳酸菌リスト」としてまとめました。あなたにぴったりの乳酸菌がきっと見つかるはずです。
また、いつ・どのくらいの量を食べればよいか?効果的な食べ合わせは何か?など、乳酸菌が最大限パワーを発揮するための方法も詳しく解説します。


講師詳細

後藤 利夫(ゴトウ トシオ)
東京大学医学部卒業(医師免許取得)、東京大学付属病院物療内科(消化器研究室)、徳洲会病院(鹿児島、徳之島病院)に勤務。1998年西新宿胃腸クリニックを開設し、独立・開業。西新宿ナルミクリニックで大腸内視鏡を行う。大隅鹿屋病院内視鏡センター長。鹿児島県で多くの講演活動。2009年「新宿大腸クリニック」を開設。『水浸法による無痛大腸内視鏡挿入マニュアル』(中外医学社)、『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)など著作多数。雑誌やテレビなどのメディアでも活躍中。

『LDK5月号』(3月28日/木 発売)のコミックエッセイ「1年で100倍美人になる方法、教えてください!」に私の記事が載ります。

便秘に悩む30代の女性漫画家、藤田あみいさんが腸活について、食事・運動・生活習慣など正したほうがいいところを私から聞き、それを実践する様を漫画にした内容です。

2ページで面白く仕上がっています。よかったら、読んでください。
後藤様_3

3週にわたり、TBSラジオ「石川實 DAIRY LIFE」に出演しました。

石川実デイリーライフ

第1回 日本人女性のがんのトップは大腸がん?!乳酸菌の役割は?!
(↑今回の内容は、こちらからお聴き頂く事が出来ます↑)

今回は、日本でも数少ない大腸内視鏡検査のベテラン医師で、乳酸菌のスペシャリストでもある新宿大腸クリニック 院長、後藤利夫先生をお迎えしました。
DL_20190224_01
増え続けている大腸がん予防のため、先生が開発された苦痛を伴わない「水浸法」という大腸内視鏡検査。また、全身の免疫に影響している腸内細菌。アレルギーや、ウイルス感染症、がん予防や精神の状態にも影響している大腸の役割について教えて頂きました。

後藤先生には、次回3/3も、ご出演して頂きます。

第2回 西洋医学が残した課題にヨーグルトが効く!人類と乳酸菌の関係とは?!
(↑今回の内容は、こちらからお聴き頂く事が出来ます↑)

前回に続き今回も、日本でも数少ない大腸内視鏡検査のベテラン医師で、乳酸菌のスペシャリストでもある新宿大腸クリニック 院長 後藤利夫先生をお迎えしました。
DL_20190303_01
ヨーグルトの生活習慣病予防効果、様々な機能性ヨーグルトの効能と、選ぶときのポイント、美肌効果やインフルエンザ予防、乳酸菌と人類の歴史について教えて頂きました。

第3回 ヨーグルトを食べるタイミングとは?
(↑今回の内容は、こちらからお聴き頂く事が出来ます↑)

前回、前々回に続き今回も、日本でも数少ない大腸内視鏡検査のベテラン医師で、乳酸菌のスペシャリストでもある新宿大腸クリニック 院長 後藤利夫先生をお迎えしました。
DL_20190310_01
ヨーグルトの効果的な食べ方、機能性ヨーグルトの効果、ヨーグルトを摂取するベストなタイミングについてお聴きすると共に、増え続ける大腸がん予防に必要なことについて教えて頂きました。

↑このページのトップヘ